2009年03月21日

女性の育毛

最近は女性にも育毛を考えている人が増えていいます。
女性の薄毛・細毛が急増しているそうです。

ですがよく調べてみると、毎日、シャンプー、リンス、リートメントなどを使っている女性ほど、毛質が悪くなったり、毛髪が細くなったり薄毛に悩むようです。
現在、これだけシャンプー、トリートメントが日々、進歩しているのにおかしな話ですね。

女性は男性に比べパーマやカラーなどを頻繁にし、毛や頭皮を傷めることが多いことから、薄毛・細毛になる人が多くなったと言われています。
たとえば駅の階段、エスカレーターで下から上がってくる女性の頭を見ると、パーマやヘアスタイルで薄毛をごまかしている人が多いのに驚くでしょう。

特に敏感肌化粧品を使っている人は注意が必要です。
敏感肌の方はアトピー体質、ぜんそく、リウマチなどの家系の方は、実は細胞の防御力が弱いため、良いシャンプーでも、洗髪で頭皮の防御を破られているようです。
結果、毛は細くなり、やがて薄毛なるので注意が必要です。

顔の皮膚には敏感肌用のものを使っているのに、同じ皮膚でも頭には、市販のシャンプーを使っていると、頭皮にはダメージが出てきます。
そのような方は育毛用のシャンプーや頭皮用のレストルシャンプーに替えるものよいかもしれません。
それによって育毛への働きかけが活発になり、毛が太くなってきます。

男性に比べて女性の薄毛は男性型脱毛のように進行があまり激しくないので、頭皮用シャンプーを使用するだけでも回復するようです。
またある程度進行した薄毛であっても頭皮料のセリピッド、またはレストルシャンプーだけで回復するらしいのであまり悩まないことですね。

 物販4
 物販5
 豊胸1
 豊胸2

posted by @@@@ at 04:02| Comment(53) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育毛と睡眠

睡眠時間と育毛とはどのような関係があるのでしょうか。
昔から「寝る子は育つ」という言葉があります。
それは正しい言い伝えでしょう。
髪の育毛にとって、重要項目の一つに睡眠時間の確保があることは事実です。

ただし、ただ単に睡眠をとればいいというものでは無いのです。
髪が最も成長すると言われる時間帯はだいたい深夜の12時の前後3時間,時間にしてみると夜9時〜夜中の3時と言われています。
この時間帯にいかに安静した睡眠を得る事ができるかで髪の運命が左右されます。

実際に、適正な睡眠時間に睡眠を取れない場合、脳へのストレスはどんなものでしょうか。
それは通常の数倍に及ぶと言われます。
その脳の疲労が起こす身体の制御バランスの悪化、それが免疫力の低下を招きます
そして様々な悪影響を及ぼします。

それほど睡眠時間の質と量は大切です。
育毛にとって、睡眠はとても重要な要因なのです。

発毛,育毛のためにはその大切な時間帯には是非、眠っているべきなのですが、その時間帯に夜更かしするという行為は、髪の抜ける原因を自らが自分に与え続けている事になります。
その上、睡眠時間が不規則になりますと、当然、自分の知らないうちにストレスを蓄積してしまいます。
それを改善できない限り、どう他の要因に気をつけていてもすぐに髪の毛は生えてきません。

東洋医学的な考え方から言うと、人間には本来、変わることのない時間のゆらぎ、または生命のゆらぎというものがあるそうです。
それは気の流れや波動などからの影響を強く受けています。
精神、そして肉体の波長を整え、恒常性な維持機能を高める為、欠かす事のできない重要な時間帯です。
それと同時に、髪にとって絶対に必要な睡眠時間でもあるのです。

戦後の高度経済成長期以降には、現代人の生活が夜型に変わり、食生活が欧米化したあたりから、若年層の脱毛症、生活習慣病が増加している現実が何よりの証拠でしょう。

このように夜更かしは、育毛を妨げるだけでなく、体にとって一つも良い事はありません。
できる限り早寝・早起きを心がけましょう。

 生命保険5
 物販1
 物販2
 物販3

posted by @@@@ at 04:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被り物は育毛に悪い?

帽子など被り物を長時間していると育毛に悪影響を及ぼし、はげるのは本当でしょうか?
結論から言えば、残念ながら本当です。

長い時間、帽子やヘルメットを着用する行為は、頭皮を長時間圧迫し、毛根に充分な血流が行き渡らせることを妨げます。
お仕事で、そうせざるを得ない方も多いとは思います。
ですが長い時間の被り物は、できる限り避けたいです。

頭皮でも特に天頂部付近にある細胞の毛細血管は、わずかたった10ミクロンと非常に細い血管で出来ています。
それほど細い血管ですから、ほんのわずかな重量物に圧迫されただけ、とても簡単に血流が阻害されます。

それに、帽子やヘルメットは、お分かりのように頭皮を蒸らしてしまうので、雑菌が毛穴に入り込みやすくすぐに増殖できる環境になります。
その上、先程の血流の阻害と合わせて考えると、育毛のための代謝がひどく低下してしまいます。

そうならないためにはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。
帽子やヘルメットを被ったあと、すぐに髪に悪影響が出るかと言えば、それほどの即効性は無いとでしょう。
あまり神経質になりすぎるのもいけませんが、被り物を継続する事で、日々、徐々に血流が阻害され、廃用性萎縮が原因で脱毛に繋がる可能性は充分考えられます。

特に冬の寒い時期や、夏の直射日光を避ける目的で帽子をかぶるような場合にどのような点に注意したらよいのでしょうか。
それは被るのであればできるだけ浅く軽く、適度に通気性のあるものが好ましいので、帽子を選ぶときにその点を考えて選んでください。
また、お仕事中でも、もし外せる時間がある場合は、できる限り、帽子やヘルメットを脱ぎ、頭への圧迫を開放する事が大切です。

 生命保険1
 生命保険2
 生命保険3
 生命保険4

posted by @@@@ at 04:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。