2009年03月21日

被り物は育毛に悪い?

帽子など被り物を長時間していると育毛に悪影響を及ぼし、はげるのは本当でしょうか?
結論から言えば、残念ながら本当です。

長い時間、帽子やヘルメットを着用する行為は、頭皮を長時間圧迫し、毛根に充分な血流が行き渡らせることを妨げます。
お仕事で、そうせざるを得ない方も多いとは思います。
ですが長い時間の被り物は、できる限り避けたいです。

頭皮でも特に天頂部付近にある細胞の毛細血管は、わずかたった10ミクロンと非常に細い血管で出来ています。
それほど細い血管ですから、ほんのわずかな重量物に圧迫されただけ、とても簡単に血流が阻害されます。

それに、帽子やヘルメットは、お分かりのように頭皮を蒸らしてしまうので、雑菌が毛穴に入り込みやすくすぐに増殖できる環境になります。
その上、先程の血流の阻害と合わせて考えると、育毛のための代謝がひどく低下してしまいます。

そうならないためにはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。
帽子やヘルメットを被ったあと、すぐに髪に悪影響が出るかと言えば、それほどの即効性は無いとでしょう。
あまり神経質になりすぎるのもいけませんが、被り物を継続する事で、日々、徐々に血流が阻害され、廃用性萎縮が原因で脱毛に繋がる可能性は充分考えられます。

特に冬の寒い時期や、夏の直射日光を避ける目的で帽子をかぶるような場合にどのような点に注意したらよいのでしょうか。
それは被るのであればできるだけ浅く軽く、適度に通気性のあるものが好ましいので、帽子を選ぶときにその点を考えて選んでください。
また、お仕事中でも、もし外せる時間がある場合は、できる限り、帽子やヘルメットを脱ぎ、頭への圧迫を開放する事が大切です。

 生命保険1
 生命保険2
 生命保険3
 生命保険4

posted by @@@@ at 04:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。