2009年03月20日

毛を剃ると太くなる?

薄毛で悩む人は、改善方法としていろんなことを考えてみるでしょう。
例えば薄毛でも太い髪になれば少しは見た目の量が違ってくるため、髪質を太く改善したいと思っている人もいるでしょう。

ここで誰もが考えてしまいがちなことがあります。
体毛を剃ったあと太い毛が生えてきたような気がしますね。
これを髪にも同じことが言えるのではないか、と勘違いする人も出てくるでしょう。
育毛を考え、生活習慣や食生活を改善するように手っ取りばやいのでは・・・と。

しかし残念ながらこれは迷信だと思います。
むしろ頭髪を剃ることで頭皮が紫外線の刺激を受けやすくなります。
ダメージを受けた頭皮の角質層がしだいに厚くなり、硬くなり、毛髪の育成が阻害されて行きます。
結果、逆に、剃る前よりもっと薄くなり、頭皮は育毛の可能性が低くなってしまいます。

なぜ勘違いするのかと言うと、体毛は剃ると髪の切断面が太い状態で新しい毛が生えてくるため、それが一時的に太いと感じた人が言い始めたのだと思います。
剃髪して髪が濃くなった事例はないでしょう。

また、髪を剃ると、その人の髪質が変わり、癖毛や直毛に変化するなどよく耳にしますが、癖毛や縮毛は皮下組織にある段階ですでに決定してしまうものです。
表面上の毛髪を剃っても、髪質が変わる事はありません。

人によっては、直毛の人がある年齢になった頃から癖が出たりすることもあります。
髪質というものは、年齢と共に、また体質の変化によって変わる事はあり得ると思います。
というわけで頭を剃っても薄毛の悩みから開放されるわけではありませんので育毛をきちんと考え生活習慣を見直しましょう。

 動脈硬化3
 動脈硬化4
 動脈硬化5
 動脈硬化6

posted by @@@@ at 10:13| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコは育毛の敵2

このように単純に血流を悪くさせる要因となる事だけでも喫煙は二重三重の悪影響を頭皮に与えて育毛を阻止してしまいます。
その上、タバコは体の中のビタミンCを大量に破壊すると同時に消費します。

人体には平均1200〜1500mgのビタミンC備蓄が必要とされています。
成人が通常、1日で摂取するビタミンCの平均的摂取量は120〜130mg前後です。
タバコ1本当たり、およそ約25mgのビタミンCを消費すると言われています。

ですから4〜5本の喫煙だけで、なんと成人の平均的摂取量120〜130mgのビタミンを消費してしまうのです。
ビタミンCが不足しますと、皮膚の真皮層を構成する、コラーゲンの生成が妨害され、それによって頭皮が弾力性を失い、結果、頭皮が硬くなる事にも繋がっていきます。
また、喫煙による悪影響は頭皮だけに限りません。

内分泌ホルモン系に影響を及ぼし、副腎皮質ホルモンが合成不足になりやすくなります。
そして体内の女性ホルモンの活性をも妨害し、ホルモンバランスの異常が育毛への弊害です。

それと意外と知られていない事なのですが、タバコはニコチンの作用として次の二つがあります。
交感神経の活性化、または喫煙による満足感がもたらす副交感神経の活性化です。
これらの相反する効果を喫煙と同時に味わえることができ、それにより自律神経系がバランスを崩しやすくなり、さらにはストレスの抑制機能の低下を招く恐れがあります。

自律神経失調症の患者にとって、タバコは最もタブー視されている事実があります。
ストレスに大きな関係があるのは間違いないと言えるでしょう。

つまり、ストレス解消のつもりのタバコが、実はストレスを発生させていたと言っても過言ではありません。

当然ですが、髪の育毛にとってストレスと免疫系の低下は大きなダメージを及ぼします。
このようにひとつも良い事はありません。
速やかに禁煙を実行してみてはいかがでしょうか。

 動脈硬化と病気
 動脈硬化と病気2
 動脈硬化1
 動脈硬化2

posted by @@@@ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホホバで育毛

育毛にとても良いと言われているホホバオイルはどのようなものでしょうか。
それを頭皮につけると、育毛の働きを妨げている皮脂へむけて効果を発揮します。
皮脂と同じ分子構造を持っているホホバは、頭皮になんら刺激を与えることなく、早く頭皮に浸透し、毛穴に詰まった皮脂などの老廃物を取り除きます。

通常、皮脂を除去するシャンプーなどでは過剰な皮脂分泌を煽ってしまい逆効果なのですが、ホホバはそうした弊害も無く皮脂分泌のコントロールをします。
次に、育毛に必要と言われるすべてのビタミンB群やビタミンE、そしてケイ素、銅、亜鉛、ヨウ素、クロム、ヨウ素、アミノ酸などが頭皮に栄養を与え育毛を促進します。
特にアミノ酸は、育毛には不可欠なタンパク質が合成するためには必要な成分です。

また、衰弱した頭皮をヨードが細菌による酸化から守ってくれます。
これらは頭皮にだけでなく、現在生えている髪の毛につけると、実は髪を紫外線やドライヤーの熱から守ってくれます。
また大気中の汚染から保護もしてくれるので、発毛後のダメージケアとしても最適だと言えます。

育毛に必要な栄養素が、全てこのホホバオイルに自然な量で含まれていることが、育毛率を高くしています。
これが長年にわたり、天然育毛剤として愛用されている理由です。

ホホバオイルを使って育毛ケアの方法を簡単に紹介します。
ホホバオイルを付けて、頭皮をマッサージしてください。
マッサージした後、抜け毛、切れ毛など気になる場所に、もみこむようにつけて、30分ほど放置します。
その際、保温効果のためヘアキャップなどを使用すると、もっと効果的です。
その後は、シャンプーで洗うだけです。
簡単にどなたでも育毛ケアができますね。

 転職
 転職について
 転職者の増加
 転職のための人材会社

posted by @@@@ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。