2009年03月18日

育毛マッサージ

育毛マッサージという言葉もどこかで聞いた事がある人もいると思います。
育毛にはツボを刺激することも効果的な方法の一つといわれています。

ツボでよく耳にするスポット、百会、風池、天柱の3つのツボを刺激すると、薄毛、脱毛の予防に効果があるといわれています。
例えばオフィスで仕事の合間に、鉛筆やペンなどの先のとがっていないほうで軽く押してみるのもよいでしょう。
こうして血行促進のためには、毎日こまめに刺激を与えることが重要です。
こうしたマッサージは薄毛、脱毛に悩んでいる人にはもちろん育毛の効果がありますが、まだそこまで悩んでいない人にとっても予防として効果が期待できます。
薄毛の心配がある方は若い頃から始めてみるのがいいでしょう。

ここで十分に注意していただきたいのが、マッサージする際の力を入れる加減です。
マッサージによって頭皮の皮膚温度が上昇します。
そればかりでなく、強くこすりすぎてそれを続けると、皮膚がすりむけてダメージを受けることもありえます。
そのため、皮膚はダメージを受けることを防ごうと、人間の体は先に保護機能を働かせて、皮脂と汗を急激に分泌させて保護膜と言われる、皮脂膜を形成しようとします。
ですから、マッサージのやりすぎは、皮脂を過剰に分泌させ、かえってそれが毛穴をふさいでしまい、最後には皮膚呼吸もしにくくなることから、今、生えている毛も次第に細く薄くなってしまうという悪循環を引き起こします。
髪の毛を健康に保つため、育毛への働きかけには、頭皮への過剰なマッサージはやめるように注意して下さい。
何事も、過ぎたるは及ばざるがごとしですね。

 クリスマスケーキ2
 クリスマスケーキ3
 クリスマスケーキ4
 クリスマスケーキ5

posted by @@@@ at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育毛に悪い食べ物

育毛に悪い影響を与える食べ物はなんでしょうか。

ジャンクフードが大好きな大人が増えてきている現代ですが薄毛、脱毛で悩む方はこの際、食生活を見直してみましょう。

まずは塩分が多いといわれる加工食品は育毛の敵です。
日本人が大好きなラーメン類、つゆまで飲み干すと塩分の取りすぎといわれています。
いくら美味しくて飲み干したくても、育毛のことを考えそこは我慢して残しましょう。

油分の多い揚げ物なども食べすぎに気をつけたいところですが
ファーストフードがこれだけ盛んな現代です。
週に何回も当たり前のようにフライドポテトやハンバーガーを食べている人も多いのではないでしょうか。
これからは自分の頭皮のことを考え、ジャンクフードは少し自粛したほうがよいかもしれません。

そして刺激の強いものをとりすぎていませんか。
毎日何度も飲むコーヒーで、カフェインを取りすぎていませんか?
煙草の吸い過ぎではありませんか?
コーラなどの炭酸類を飲みすぎていませんか?
キムチなどの辛いものを好んで食べていませんか?
刺激のある香辛料、塩分は、脱毛を促す働きがあるので避けることが望ましいと言われています。
糖分を多く含むキャンディやケーキなどの嗜好品にも食べ過ぎに気をつけたいものです。

これらは今の私たちの生活から見れば特に変わった食生活ではないかもしれません。
ですが今の食生活を変えて行かないと、育毛の促進には遠ざかるばかりです。
好きなものを我慢するのは辛いでしょうが、まずは量を減らすことから考えてみましょう。
育毛剤を使う前にまずは食べ物から見直しましょう。

 クリスマスプレゼント4
 クリスマスプレゼント5
 クリスマスプレゼント6
 クリスマスケーキ1

posted by @@@@ at 03:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育毛と刺激物

育毛の敵、刺激の強い食べ物はなんでしょうか。
これには、カレーなど含まれる香辛料、またはキムチなどの辛い食べ物です。
特に夏の暑いときは食欲増進のために好んで食べる方も多いと思います。

それでは辛いものを食べたとき、あなたはどうなりますか?思い出してみてください。
体が熱くなります。
汗をたくさんかきます。
もちろん体がそうですから頭皮も同じ状態になっているはずです。

俗に言う頭皮が脂っぽくなったり、毛穴がつまったりするはこの現象からスタートします。
つまり刺激の強い香辛料を摂取すると毛穴がつまる。
育毛にとって悪い食べ物とは、体の血流を悪くし、毛穴をつまらせる食べ物のことなのです。

自分自身が髪の毛の立場に立って考えてみるとよくわかるのではないでしょうか。
血流が悪いということは、栄養を充分に与えられない状況です。
毛穴がつまるということは、体が拘束され、周囲には菌類が繁殖し、汚れが付着し、酸素も吸えないのです。
このような状況に陥ったら生きているものはどうなるか?それは死ぬしかありません。
刺激の強いものを食べるということは髪の毛を殺すことにつながります。

そうは言っても辛いものが大好きでそれを楽しみにしている人がいるとしたら、一切口にするなとは過酷なものですね。
たとえば毎日食べていたキムチをまずは手始めとして3日に1回にしたらどうでしょう。
まったく食べられないことでストレスになるのは育毛にもよくありませんから。
刺激の強い食べ物を好んで摂取していた人は自分のペースで回数と量を減らして行きましょう。
誰のためにでもなく自分の育毛のためです。

 あがり症と不安
 クリスマスプレゼント1
 クリスマスプレゼント2
 クリスマスプレゼント3

posted by @@@@ at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。